見覚えアリ

京都鉄道博物館の展示車両だが…

まぁ,この写真の右側はつい先日まで走っていたが,右側の機関車は高校生の頃までは通学列車の先頭に立っていたので,見覚えアリ.

その機関車に引っ張られていたのがこういう客車なので,乗ったことアリ.

この新幹線は出張の際に…使ったことアリ.

これは小学校の横を走ってたぞ.

この電車自体は同型車がまだ走ってたっけ? でもまさしくこの製造番号のこの車両,(小学校の頃に大阪環状線で)見覚えアリ&乗ったことアリ.

自らの生活の歴史が,徐々に博物館の収蔵車両になってゆくという現実.

カーネギー1897

福知山線の柏原駅.「かしわばら」ではなく「かしはら」でもなく,「かいばら」

駅舎は花博会場からの移設であり,ちょっと凝ったデザインである.今回の話題は,駅舎ではなくて,ホーム.

DSCN9567

昔は結構ホームの上屋の骨組みとか,ホームそのものの脚とか,架線柱とか,いろんなところで古レールが使われていた.うろ覚えだが,レールの中古取引が昔はできなかったかららしい.中古取引ができてしまうと,勝手にレールを線路から外して売り払う輩が出てくるからだとか.今はそうではないとかなんとか.

DSCN9568

よく見ると,レールなので刻印がしてある.これは「CARNEGIE 1906」と書いてあるようだ.カーネギーというと,鉄鋼王で有名なカーネギーか? 今はUSスチールだね.

DSCN9570

他にもいくつかのメーカーっぽいのがあるが,ペンキが厚塗りされていて読み取れない.

こっちは「CARNEGIE 1897」とある.柏原駅開業が1899年のようなので,開業当時に使われていたレールを再利用したホーム屋根ということかな.ちょっとした歴史的建造物だな.

DSCN9590

阪堺電軌161形現役確認

タイトルで十分だが,本日,阪堺電軌軌道の161形が現役なのを確認.

道ばたでデータ取りしていたら,貸切電車が天王寺駅前に走って行き,しばらくして折り返してきたところを捕獲.1928年製らしい.

IMG_2981c

なお,10年後の1938年製のよく似た電車は大阪産業大学の構内に保存されている.

そんだけ.

 

 

C11もよく見るとかっこいいぞ

福知山駅前に置かれている機関車.C11といって,石炭を積載する部分が機関車と一体になっている小型機関車である.ぱっと見は小さくてかわいい,といった感じであるが,本線で特急列車を引っ張っていたC62や貨物列車を全国で牽いていたD51ほども人気があるとは思えない.

DSCN4564

主な用途は短距離の短い編成の列車らしい.「らしい」と書いたのは,私の地元では貨物列車はD60,旅客列車はC58やC57が引っ張っていて,この小さな機関車の記憶は無い.(…確か,小学校入学前まではSLが走ってました.)

DSCN4570

小さな機関車のなので,軽い.

DSCN4571

かわいい機関車も,こういうアングルだと,迫力がある.

DSCN4566

動輪もいいぞ.

DSCN4568

後ろ姿も,なかなか.

DSCN4573

…そんだけ.

フランスの鉄道博物館の収蔵物(ネタ編)

フランスの鉄道博物館,数々の記念すべき車両が収蔵されているが,中には方向を誤ったのではないかと思われる試作品的なものも存在する.

まずは,これ.方向を誤った,というよりは,当時の時代のニーズをそのまま反映した貨車である.何を運んでいたかは一目瞭然.ヒントは「フランス」である.

IMG_4041

次は,このモダンな車両である.その名も「Autorail」.

IMG_4054要するに単行運転用の気動車なのだが,前面の運転席に見える部分は実は客席であり,運転席は車両中央の天井の出っ張りの部分,艦橋のような部分である.前後ともこの位置から運転するようだ.客室の天井が異様に低い.

そして話のタネの一番はこの客車.

IMG_4049

まるで日本の町屋に車輪を付けたような車両である.TGV Duplexの祖先か?

1階が二等車,2階が三等車であり,三等に出入りするにはデッキの階段を二階まで上って車端のドアから入る.

 

フランスの鉄道博物館の収蔵物(スピードトライアル編)

ミュールーズの鉄道博物館には,こんな機関車も収蔵されている.

IMG_4077

なんだ,緑色の古い機関車じゃないか,と思うことなかれ.この記念プレートが目に入らぬか.

IMG_4076

そう,長らく通常型の鉄道のスピード記録を持っていた機関車である.新幹線よりも速かった.ただし,走った後の線路や架線の設備はズタズタで使い物にならなかったらしいが,とにもかくにも世界記録ホルダーであった.

フランスの鉄道博物館の収蔵物(パリ発ロンドン行編)

古い欧州の時刻表を見ていると,パリ発ロンドン行きとかそういった列車が存在していることに気がつく.1990年代後半の話ではなく,1950年代とかそういった時代の話である.

パリ→鉄道→連絡船→鉄道→ロンドン

こういった乗り継ぎルートを「パリ発ロンドン行き」として一括表示しているのだと思っていたが,どうやらそうではなかった.本当に「パリ発ロンドン行き」という列車があったようである.

ミュールーズにある鉄道博物館の展示物にこういうものがあった.まずは,古い機関車.これは「パリ発ロンドン行き」に使われていたもののようである.

IMG_4034そして,その傍らにあるヘッドマーク,これが答え.

IMG_4035

さらにこんな模型展示もあった.

IMG_4087

 

なるほど,「パリ発ロンドン行き」である.日本にも鉄道連絡船は存在したが,基本は乗換であったかと思う.欧州では現在もデンマークがらみの列車の一部に,旅客列車をそのまま航送している列車が存在する.

 

 

 

路面ケーブルカー

「路面ケーブルカー」と書くと何のことかわからないが,何のことは無い,サンフランシスコのケーブルカーである.

動力がケーブルであることを横に置いておけば,一種の路面電車である.観光資源になっていることで有名.

DSCN3163

なんで,路面電車じゃ無いかというと,今さら説明するまでも無いが,これじゃぁ,さすがに登坂能力の高いLRTでも無理.

DSCN3164

ケーブルカーに乗るほどでもないので,徒歩でホテルまで歩くと…

DSCN3177

ひぃぃぃぃ.きつい.乗れば良かったかも.

DSCN3182

軌道敷に「KEEP OUT」と書いてあるので,日本風に言い換えるなら軌道敷内乗り入れ禁止である.

DSCN3188

レトロ風車両になっているが,今風の居住性良好な車両にすると,立派な都市交通機関になると思う.が,しかし,米国人にはそういう発想は無い模様.