トラム変幻自在(地下鉄直通編)

アムステルダムのLRTというか,低床でもないので,ほぼ郊外電車.床が高い以外は外観も内装もほぼLRTで,市の郊外住宅地を走り,線路も路面併用軌道ではなくて専用の軌道が準備されている.

IMG_8905

IMG_8864

これが都心方向にしばらく走ると,屋根上の集電装置(パンタグラフ)をたたんでしまう.そして,地下線区間へ.

IMG_9262

IMG_9191

地下はちょっと車体が小さめの地下鉄として走行し,終点へ.パンタグラフはたたんだまま.

IMG_8835

IMG_8841

車体が小さいので,ホームとの隙間は,こういった風に自動で埋められる.

IMG_8843

電気は地下線区間では台車横のシューから取り入れられている.

IMG_8882

こういった形態の乗り物は日本でもあっていいのだが,残念ながら存在しない.通常の架空線から電気を取り入れたり,第三軌条から電気を取り入れたりといった両対応の電車については,「開発費用が高くついてペイしない」というのが理由で実現していない.だが,彼らはその「高い」はずの開発コストの壁をずいぶん前に越えてるんだが,このままでは日本人は劣っているということを証明してしまっていることになるんじゃないかな.