稲むらの火

紀勢本線の湯浅駅を降りて…

シロウオ漁の風景としてよく紹介される川を渡り…

しばらく歩くと「稲むらの火の館」に到着する.

津波関係のいろいろな展示物がある.土木系にいる人間としてはやや慣れっこになってしまっており,まぁそうだよねと言うのが多いが,いくつか印象的なものもあり例えばこれ.

南海トラフ巨大地震が発生した際に広川町に押し寄せるであろう津波の最大波高は9mらしいが,それを館内の天井の高い箇所で示すとこんな感じ.助かる気がしない…

ちなみに,大半の方にとっては「それどこ?」だが,私の実家のある旧下津町(広川の10kmほど北)のハザードマップによると,駅前主要部分は,ほぼ壊滅の様相.

さて,この「稲むらの火の館」の海側には,安政の南海地震発生時(1854年)の津波を教訓につくられた堤防がある.

三陸海岸につくられている堤防に比べればずいぶん低いが,これでも比較的小さかった東南海,南海地震時には実際に役立った.備えあれば何とやら.

もっとも,5mほどの高さの堤防では9mの津波を完全に防ぐことはできないので,こういうのが実際の行動に求められるわけだな.

なお,海岸部に住む和歌山県民は子どもの頃から折に触れて「大きな地震が来たら,山に逃げろ」と教えられている.

今日で東北の震災から6年.「30年以内に○○%」のうちの5分の1,つまり2割の時間を費やしてしまった.首都直下地震とか南海トラフ巨大地震とかの来たるべき大災害に向けて,日本は何か賢い対応ができただろうか?

関連記事

  • 三葉の家はどこ?(彗星の落下地点推定)三葉の家はどこ?(彗星の落下地点推定) かつて「ウルトラマン研究序説」という本があり,ウルトラマンに関連する出来事や影響を学者が真剣に検討するという,何ともバカバカしくも面白い本であった. その域には達していない […]
  • 北陸新幹線ただいま工事中(金沢-福井-敦賀)北陸新幹線ただいま工事中(金沢-福井-敦賀) 北陸新幹線の金沢-福井-敦賀間が工事中である. 北陸地方の東京都市圏への組み込み作業が続いている…   […]
  • 琵琶湖疎水と湖西線琵琶湖疎水と湖西線 琵琶湖疎水というと,京都の(そして明治期の)一大インフラ事業であり,琵琶湖から導水トンネルを使って水を琵琶湖から京都盆地に導くとともに,高低差を利用して水力発電が行われた. […]
  • ドイツの不通区間でバス代行に乗ってみたドイツの不通区間でバス代行に乗ってみた 件の不通区間は全く人ごとではなく,自らの行程の一部にもなっている. 当初予定ではフライブルクをICEで昼前に出て,カールスルーエに正午頃到着の予定であった. […]
  • 臨時インターシティBaden-Baden行き臨時インターシティBaden-Baden行き ドイツ西部では幹線の不通区間の影響でICEが運休して代わりにIC(インターシティ)が走っている.トラムで有名なフライブルク駅の電光掲示板にも「IC99xxx」というインフレナンバ […]
  • 国境を越える路面電車(1)国境を越える路面電車(1) 日本ではあり得ないが,欧州の国境附近の都市が路面電車整備をして,その路面電車網を拡大させてゆくと端っこの方で国境を越えてしまうことがある. 割と古い方ではここ. ドイ […]
  • カールスルーエの「絶滅危惧種」Regio Bistroカールスルーエの「絶滅危惧種」Regio Bistro カールスルーエには,かつて世にも珍しい「食堂車つき路面電車」が走っていた.何度か外から見かけたことがあったが,乗れず仕舞いで,近年は既に食堂車設備が廃止になって見かけなくなってし […]
  • もうちょっとでTMもうちょっとでTM ご存じ,富山市内の環状線(トラム). 走行している街路が,かなりTMに近い. このチェーン外して,ちょびっとだけ交通標識取り替えるだけなんだけどなぁ. […]