都構想の陰で進行する大阪長期衰退の始まり(第6話-駅アリ>駅ナシ編)

以下の一連の話の続きである.まだ続く.
第1話-新幹線偉大なり編
第2話-産業振興vs交流編
第3話-他の交通機関編
第4話-東海道vs中山道編
第5話-新幹線駅が都市圏形成編

今回の話は,新幹線だけでなく駅一般のお話しである.今ごろになって卒論-修論-博士論の話を説明することになるとは思わなかったが,今回の話は次の第7話への前振りである.

下の図は,国勢調査が開始されて以降の5年ごとの人口増加率を市町村ごとに計算して推移を示したものであり,鉄道駅がある市町村と,無い市町村とに分けて示したものである.両者とも各群の単純平均である.

sente-004

上の図は,見てのとおり,全期間を通じて人口増加率は「鉄道駅有>鉄道駅無」である.

最近は鉄道でなくても高速道路で十分に地域振興に役立つのではないかという話があるかもしれないので,駅の有無ではなく,高速道路に関して作成したものが下図である.図中に示したような分け方で推移を示しているが,1965年以降5年ごとの人口増加率が最も大きいのは「高速道路ICと駅の両方ある市町村」であり,人口増加が最も小さいのは「両方無い市町村」である.

やはり鉄道の駅があった方が優位である.

sente-005

前回の第5話の新幹線駅とも共通する話であるが,「駅アリ>駅ナシ」は,いったい大阪にとって何を語っているのだろうか.

単純な話ではあるのだが,「駅アリ>駅ナシ」の状況が長期間続くとどうなるだろう.こうなる.

「駅アリ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>駅ナシ」

もちろん,新幹線駅でも同じことになる.捕らぬ狸の皮算用が得意な人たちに「三流学者の論拠のない憶測だ」と言われてはいけないので,次回,その話を詳しくすることにしよう.

つづく

関連記事

  • 新函館北斗駅付近探訪(渡島大野編)新函館北斗駅付近探訪(渡島大野編) 新函館北斗駅付近探訪した時の話である.といっても,まだ全く工事が手つかずの頃のお話. 函館からの列車で到着.2両編成.もちろんディーゼル.1時間か2時間に1本という […]
  • 列車版LCC列車版LCC 欧州では,線路とその上の鉄道運行が基本的に上下分離されている.旅行者としてはICEやTGVをよく使うのでほとんどそのことを意識することはないのだが,最近,特にドイツなどでは比較的 […]
  • 【祝】ヒゲ線延伸【祝】ヒゲ線延伸 まだ工事中なんだが,ずいぶん長らくかかったが,福井鉄道の通称ヒゲ線,つまり福井駅前への乗り入れ線ができそうである. 路面電車の新線工事というのは非常に珍しい […]
  • 茨城県のBRT(ひたちBRT編)茨城県のBRT(ひたちBRT編) 日立にもBRTがあるようなので,立ち寄ってみた.日立駅ではなく,大甕(おおみか)駅発着.ここも日立電鉄線の廃止線路跡をバス専用道として活用している.廃止路線の代替バスというわけで […]
  • 弾丸列車計画の駅選定とリニア計画弾丸列車計画の駅選定とリニア計画 東海道新幹線計画の祖先こと弾丸列車計画.正式には「新幹線計画」と言ったらしいが,最近刊行された書籍を読んでいると,どの都市とどの都市を結ぶべきか,つまり駅選定の際に考慮した事項が […]
  • 福井駅新幹線高架橋,間もなく使用開始か?福井駅新幹線高架橋,間もなく使用開始か? 先行工事したものの,長らく雨ざらしになっていた福井駅の北陸新幹線用の高架橋.久しぶりに見たら… おぉ,開業寸前ではないか. ただし,えちぜん鉄道の福井 […]
  • あったあったケルン駅にもAirRailあったあったケルン駅にもAirRail 以前,鉄道は航空路だという話をしたが,ケルン駅の構内にもあったあった. 日本でもすぐにできるサービスのはずだが,航空と鉄道は犬猿の仲だからか,協力関係を築くことがで […]
  • “雑魚な客数のために面倒なことできるかよ!” と返答してJR東海が失ったかもしれないこと(その4)“雑魚な客数のために面倒なことできるかよ!” と返答してJR東海が失ったかもしれないこと(その4) やっちまったかもしれないお話の(その4)である. 今回は,輸出への影響についてである.日本の新幹線については,海外から見れば「新幹線」のワンブランドのはずだが,その実,細か […]