Metzの3連節BRT(外から編)

フランス東部のMetzの三連節バス.全体像はこんな感じ.この写真は右側が前(運転席側).1両目が前後の2軸で,その後ろに後ろ側だけ車輪のある2両目,さらに後輪だけの3両目がつながっている.

ステアリングは1両目の前輪と3両目の後輪だけに付いているようで,1両目の後輪と2両目の後輪は固定のようだ.つまり,通常の連節バスの後ろに,さらにステアリングつきの3両目がくっついている形.

下の写真は運転席側.一方向にしか走らないので,運転席はここだけ.狭い専用道路を走っているが,コマが付いた自動操舵というわけではない.

「ホーム」と車体の隙間はこの程度.健常者にはほとんど問題ないが,車椅子が自力で越えられる隙間ではない.

ということなので,1両目の前のドアの下には,自動で板が出てくる装置が付いている模様.

こちらの写真は,後ろ姿.つまり,運転席の有無にかかわらず,外観はほぼ同じに設計されており,「LRT風」になっているということ.

エンジンは3両目の後ろ側から音が聞こえてくるので,この運転席風のスペースの下側に収まっていると思われる.

エンジン直近の1軸だけが動軸だとまともに走行できそうもないので,他の車輪が動軸になっていると思われる.低床式バスなので,床下に推進軸があるわけでもないため,エンジンで発電してモータを回す方法だろうと思われる.

 

関連記事

  • Metzの3連節BRT(停留所編)Metzの3連節BRT(停留所編) Metzの3連節バスを使ったシステムが単なる「長いバス」でないのは,車両以外の部分がほぼ完全にLRTと同じシステムになっているからである. 例えばこれは停留所.両側の広告は […]
  • NancyのBRT(TVR)内装編NancyのBRT(TVR)内装編 製品としてのTVRの終息に伴い,今後どうするか注目されているNancyのTVR.基本的には連節バスベースの車両である. 今回はその内装編である.まずは出入り口付近. […]
  • Metzの3連節BRT(内装編)Metzの3連節BRT(内装編) 日本では単なる連節バスを「BRT」と紹介しているようであるが,欧州では既に三連節バスが走り始めており,これを使ったBRTシステムが構築されている都市がある. 日本でも紹介が […]
  • 茨城県のBRT(ひたちBRT編)茨城県のBRT(ひたちBRT編) 日立にもBRTがあるようなので,立ち寄ってみた.日立駅ではなく,大甕(おおみか)駅発着.ここも日立電鉄線の廃止線路跡をバス専用道として活用している.廃止路線の代替バスというわけで […]
  • NancyのBRT(TVR)バリアフリー編NancyのBRT(TVR)バリアフリー編 Nancyで採用されたTVRは単なるバスベースのBRTに比べると,車内はともかく出入り口のバリアフリー度は高い. 単なる連節バスの場合,停留所の「プラットホーム」に車体を寄 […]
  • ゴムタイヤなのに乗り心地がイマイチゴムタイヤなのに乗り心地がイマイチ 営業運転しているトランスロールの電車(?)であるが,乗ってみると車内が他のLRTなどよりも狭く,車両自体が小さいようである.狭軌のLRVと同等程度のサイズであろうか. […]
  • NANCYのTVRはどうする?NANCYのTVRはどうする? 一時期,LRTの整備方法の一つとしてゴムタイヤトラムが注目された感がある.いくつかの方式があるが,その一つとしてTVR方式というのがあり,フランスのナンシーとカーンで採用されてい […]
  • Metzの3連節BRT(曲線通過編)Metzの3連節BRT(曲線通過編) Metzの3連節バス.全長が長いと内輪差ができる可能性が高まるが,どうやってるかというと… 右に曲がります.まずは第1軸が右に舵を切り… 2両目は1両 […]